11月10日(火) オンドックレール

曇り一時晴れ又は雨

オンドックレール
数年前から港湾・空港・物流・エネルギー議連で本県東港の物流の活性化に向けて議論してきた北関東圏の欧州向けの物流を従来の京浜港から、ドライバー不足やコスト縮減のためにJR貨物新潟東港経由で日本海を横断して、極東ロシアからシベリア鉄道で欧州へというオンドックレール構想実現化に向けて、埼玉県熊谷市の事業社・者の皆様(熊谷陸港構想研究協議会)をお迎えして、新潟東港鉄道の今は休止している約800mの線路敷の現場コンテナーターミナルでの意見交換に参加しました。

新潟と関東圏の物流や人流の為の交通アクセスの整備は、3,11で骨身に染みたように近い将来高い確率で発生すると言われている首都直下地震や太平洋側の東北・東海・東南海での地震や津波などの災害に対しての代替機能が如何に重要かと考えたとき、新潟しかその拠点となる地域はありません。

これはただ単に新潟の拠点性の向上や北関東圏の物流と言ったレベルでなく、東京や国を巻き込んだ国家レベルの政策として取り組みを進めるしかありません。