10月11日(日) 例大祭、慰霊

快晴

台風直撃を免れたことかどうか分かりませんが素晴らしい秋晴れとなりました。

例大祭
10時、燕の南地区の鎮守様で燕の工業・産業の守り神でもある金山神社例大祭に参列し、産業の発展とコロナ疫の一日も早い終息をお祈りしました。

慰霊祭
引き続き、同神社境内に建立されている燕工業殉職者慰霊碑の前にて、燕の産業の礎を築き犠牲になられ殉職された御霊に産業の発展と行く末を見守り頂くようお願いするとともに御霊の安らかなることをお祈りいたしました。

なお例年ですと氏子や奉賛会の皆様と直来で楽しい時間を過ごしていましたが、今回はコロナという事で直来は中止となりましたので、その後は自宅の季節替えを行いました。