11月29日(日) 騎馬像除幕式

曇り時々雨

騎馬像除幕式
10時、上越市にある県立武道館(愛称は謙信公武道館)開業1周年を記念して、上越市に本社のある田中産業㈱様より上杉謙信公騎馬像が県へ贈呈されることになり、その除幕式に花角知事共々出席してきました。

銅像の大きさは頭高さ4m、剣先迄5,17m、幅5,17m、奥行き1,62m、重量3,7t。

台座高さ2m、幅4,7m、奥行き1,75m、重量42,6t。

田んぼの埋め立て地なので基礎工事は首相官邸より丈夫な基礎だとの関係者談でした。

大きさのほどがお分かりいただけると思います。左から3番目が自分です。

除幕に先立ち目録の贈呈。

除幕前。

除幕準備。

除幕完了。

越後の生んだ戦国武将の上杉謙信公は正に武道館に相応しい象徴として、県内外から武道館を訪れる多くの方にその迫力を感じさせてくれるのではないでしょうか。