10月22日(木) 砂防視察

曇り

【砂防視察】
8時、9時。事務所で来訪者と意見交換の後、砂防視察に出発。

10時56分、東三条より上越妙高を経由して車中で昼食を摂って糸魚川駅に13時集合上越妙高からは開業後初めての北陸新幹線13分間という短い時間でしたが乗車を体験しました。

ずいぶんと久しぶりの東三条駅でした。

その後はバスにて最初に糸魚川市フオッサマグナミュージアムを視察。学芸員より説明を受けた後館内を見学。ヒスイの原石がゴロゴロと展示され圧巻でした。

日本の生い立ちから勉強を。

次に、火打山川第1号砂防堰堤現場を視察。糸魚川地域整備部より説明を頂きましたが、同事業は火山砂防事業という事で国からの補助率が普通より5%高い55%補助事業であるという事を再認識しました。

焼山

整備部の皆さん

堰堤上流側

堰堤下流側

次に上越市名立区へ移動。うみてらす駐車場より庄平川第1号砂防堰堤妙高砂防事務所より説明頂きました。


17時過ぎの直江津駅前のホテルに投宿。