9月14日(土) 慶寿、基幹病院、BD

快晴

慶寿祭

12時、母がお世話になっている特別養護老人ホームさわたりの郷の慶寿祭(敬老会)に家族4人で行ってきました。

10月で92歳になる母は少しずつ認知症が進んでおり、誰が誰かはハッキリ区別出来ないようですし会話も繋がりませんが、笑顔でいてくれるだけで幸せな思いになります。

自分で口に運ぶのも時間もかかるようになってきているので、一口ずつスプーンで口に入れながら、皆と一緒の食事に1時間半を掛けながら久しぶりの家族団らんのまねごとをしてきました。

【基幹病院】
16時前、某町内秋季祭礼直会に、基幹病院の話を聴きたいとの依頼があり、約1時間今現在話せることをお伝えしてきましたが、皆さん最近の県行政の厳しさとその大きな要因である県立病院事業について大きな関心をお持ちで、ようやく自分が以前から主張していたことをご理解頂いたようです。

BD
18時、長女誕生日のお祝いに県央の某レストランで家族4人でお祝いを。

食事を終わって外に出たら大きな月が