9月05日(水) 教育部会他

晴れ

県庁

11時、自民党県議団『建設問題対策委員会』役員会に出席。行財政改革における投資的経費について知事政策局・総務管理部と意見交換。

危機的状況の県財政下にあっては、投資的経費の削減は当然ですが、命と暮らしに直接関わる維持管理費は投資的経費と一律にしない方向で一致をみました。

13時15分、今期から部会長を務める県議団『教育問題特別部会』を開催。稲荷新教育長以下教育委員会課長級全員の出席の下、当面する教育諸課題について、15時まで説明資料に基づき活発な意見交換を行いました。

社会人になってから学校教育からは遠ざかっていた自分が、県議になってから小野現幹事長の指導の下教育部会員として研鑽を積ませて頂き、先人の言葉の「教育は国家100年の大計」を肝に銘じて更に汗をかかせて頂いています。

部会長として挨拶

稲荷教育庁の挨拶

活発な質疑が

15時30分、地元案件関係もあり、農林水産部地域農政推進課より説明聴取。

その後、県連役員室にて議会事務局を交えて小野幹事長と当面の懸案課題について協議。