12月16日(月)  連合委、保育、日華

快晴

連合委
10時より連合委員会が開かれ自分は14時前に質問に立ちました。連合委員会とは各常任委員会での質疑を通じて、部局長答弁に納得がいかない(議論がこれを乾かないと言います)場合に知事に直接質問できるシステムです。

他の議員については言及しませんが、自分は県の基幹病院が新発田と上越の2病院は、今後も県立県営のままで行くのに対して、魚沼・県央は公設民営で運営していくことはダブルスタンダードでないのかが一問。

県央基幹病院の計画そのものが泉田知事時代に策定した間違った計画なので、地域医療構想調整会議での見直し作業に合わせて、建設地から見直すべきというより水害リスクの高い現場所は変更すべきの2問を質問しました。

答弁は想定内の範囲でしたが、問題提起新人議員が4分の一強に変わり、これまでの経緯を知らない議員から理解して貰う意味もあり、自分としては土日の二日間事務所に籠りきりで纏めた渾身の内容との自信もあり、終了後幹部から「カッコ良かった」との声を頂きましたし、議員の中からも勉強になったといった声が複数ありました。

保育
12、お昼の休憩中に『保育事業振興議員連盟』に出席、保育団体から要望を頂きました。

来賓の藤山福祉保健部長

資料

日華
保育議連終了後『日華議員連盟設立総会』に出席。柄沢会長の下副会長を仰せつかりました。