1月31日(木) 海洋資源、新年会

海洋資源
13時、新潟市内のホテルで開催の日本海海洋資源フォーラムin新潟に出席。

会長県の鳥取県知事代理

開催県として挨拶の花角知事

日本海側12府県で構成する海洋エネルギー資源開発促進日本海連合が主催して、来賓予定の参議院議員青山繁晴氏は国会日程の関係でビデオメッセージを寄せられ、その後の国と各府県関係者との意見交換ではテレビ電話で参加されました。

ビデオメッセージ

テレビ電話で参加

意見交換

続いて、メタンハイドレート商業化への取り組みについての資源エネルギー庁の基調講演と、岩船沖油ガス田プロジェクトについて日本海海洋石油資源開発㈱よりの特別講演がありました。

資源エネルギー庁の基調講演

日本海佐渡海溝のみの表層型メタンハイドレートから噴出している(メタンプルーム)は海中でキャッチする方法で、経産省は2023~2017に商業化を目指しています。

岩船沖油ガス田について講演

新年会
19時、マスコミ関係者と新年会。