11月21日(土) 吉田病院60周年

吉田産業会館での式典

吉田産業会館での記念式典

玉川堂7代目社長の記念講演

玉川堂7代目社長の記念講演

岩室温泉での祝賀会

岩室温泉での祝賀会で挨拶の須田院長

アトラクションのアンサンブル演奏

アトラクションのアンサンブル演奏

1月21日(土・休) 曇り

午後3時、吉田産業会館で開催された『県立吉田病院60周年記念式典』に出席。

須田院長のご挨拶の後に60年の歴史をスライドで紹介に続いて、㈱玉川堂七代目の 玉川 基行氏の「不死鳥の燕~伝統とは革新の連続~」と題した記念講演がありました。

伝承と伝統の違いについて、氏は伝承は伝え受け継ぐだけで発展はなく、伝統は常に革新の連続で繰り返すことにより発展する旨の講演に認識を新たにしました。

その後会場を岩室温泉のホテルに移して5時30分より開かれた祝賀会にも参加しました。

両隣が燕市の南波副市長と県の若月病院局長だったので、県立吉田病院の現状も課題が山積していることから祝賀ムードそっちのけで、同病院に加えて基幹病院と県立加茂病院の今後の話題に終始しました。
その意味ではとてもよい時間となりましたが、医療は県トップのオモチャにさせてはいけません。

それにしても若月病院局長からクレームが付くほどT県議のはしゃぎ様は異常で、同席しているだけで疲れます。