9月27日(木) 一般質問、文化、細田代議士

2018年9月28日

曇り

一般質問
10時より一般質問が行われ、17時まで6名が県政全般について質疑を行いました。

花角知事誠意ある答弁のためか野党ですら再質問が殆ど無く、これまでとは違い粛々と議事が進行しています。

議員駐車場よりの行政棟

文化
お昼の休憩時間に数少ない超党派の議員連盟の一つである新潟県文化振興議員連盟に出席。

講師のアーツカウンシル新潟杉浦 幹男氏より、2020年以降の地域における文化推進体制についてお話がありました。

衣食住足りての文化と思っている我がレベルではいささか高尚すぎるかも?

杉浦氏

資料

【細田代議士】
18時30分細田けんいち吉田地区後援会設立総会に出席。後援会顧問を仰せつかりました。

9月26日(水) 代表質問、レク、農政研、選対委

2018年9月26日

晴れ

代表質問
10時より代表質問が行われ、午前中自民党佐藤純総務会長が、午後13時からは未来にいがた大渕健議員が行いました。

レク
我が党代表質問終了後、三役にて県警より説明聴取。

農政研
12時よりお昼の休憩中に農政研究議員連盟総会に出席。県農林水産部より部長以下各課長が、農業団体よりはJA中央会以下各団体が出席され、新年度予算についての要望や意見交換が行われました。

三富会長

山田農林水産部長

JA新潟中央会

資料

選対委
15時30分より県連にて開催の選挙対策委員会に出席。新潟市長選について協議。

9月25日(火) MOA、党議、議会開会、レク、異業種

2018年9月26日

雨のち曇り

【MOA】
7時30分、恒例になっている各定例会初日に新潟市内のホテルで朝食を食べた後のMOA議員連盟研修会に出席。

講師に国際薬膳食育師・食育インストラクターの高津もろみ氏をお迎えし『統合医療と食による健康』をテーマに、ご自身とご家族の体験を交えて食と健康についてお話を聞きました。まさに身土不二・医薬同源

高津もろみ氏

【四役会議】
10時より新潟市長選他について協議。

【党議】
11時より党議を開催。党務・政務調査報告と9月定例会の確認を行いました。特に今議会はわが党提案の有害鳥獣条例(略)改正案の審議があるので改正ポイントを説明を。

【議会開会】
13時より9月定例会が開会。会議に先立ち永年勤続20年の早川吉秀先生の表彰が行われ、その後花角知事より一般会計補正予算約80億円を含む23件の議案提案がされ、来月12日までの会期で審議が行われます。

わが党提案の条例改正案は、10月5日の二次連合委員会終了後に、厚生環境と産業経済両委員会合同の連合委員会にて審議が行うなど、議案の委員会付託先や決算委員会の委員などを決定し散会。

本会議散会後は、質問者の打ち合わせ、知事政策局よりの三役レクなどを行い17時過ぎに退庁。

【異業種】
18時30分より異業種交流会に出席。

9月24日(月) FM20周年

2018年9月24日

曇り

【FM20周年】
12時ワシントンホテルで開催の燕三条エフエム放送開局20周年記念パーティーに出席。

パーテイ―に先立ち燕鈴木・三条國定両市長によるパネルデスカッションがあり、その後楽しいアトラクションの続く楽しいパーテイ―となりました。

同社安倍社長の挨拶

パネルデスカッション

専属パーソナリテイのアトラクション

アトラクション②

9月23日(日) 拉致国民大集会

2018年9月24日

晴れ

14時東京砂防会館別館のシェーンバッハで開催の全拉致被害者の即時一括帰国を!国民大集会に自民党拉致議連メンバー7名(地方議会で最多)で出席。

大会開始前に

拉致被害者家族会飯塚会長

安倍総理

家族会の訴え

特定失踪者家族会大澤会長

特定失踪者調査会荒木会長

9月21日(金) 議運・各派、予算要望

2018年9月24日

曇り

【議運・各派】
10時より議会運営委員会に出席。冒頭澤野議長よりは訪中代表団について、岩村副議長よりは東南アジア訪問団の報告があり、続いて9月定例会召集予定日他について協議。

続いて各派代表者会議では北海道地震へのお見舞い議員研究交流会議会活性化シンポジュウムへの派遣などについて協議。

【予算要望】
13時15分より政調会メンバーで、教育庁を皮切りに13全部局に対して新年度予算編成に関しての政策的要望を実施。

6月に各友好団体・市町村・各支部・各議員からの要望を取りまとめ網羅したもので例年実施しているものです。

翌日の地元紙に

9月20日(木) 視察3日目

2018年9月24日

晴れ

9時15分(有)田沢湖自然体験センターを訪問。国家戦略特区における着地型旅行商品の企画・提供促進について視察。

新潟市も農業特区に指定されるなど現在10区域が指定されていますが、仙北市は平成27年に農村・医療の交流のための改革拠点として位置づけ、国有林野活用促進、農業法人経営多角化等促進、着地型旅行商品の企画・提供促進等6事項7事業が認定されています。

自然体験センター代表と市職員の説明

管理事務所

キャンプ場内のバンガロー

訳40年ぶりの田沢湖畔

特区認定以後の事業補助金の必要性を切実に感じます。

次の視察先に移動の途中トイレ休憩がてら10数分、国の天然記念物に認定されている秋田犬比内鶏を鑑賞できる土産店にて実物にご対面。

次に10時30分頃、㈱田沢湖自然ファーム/(有)グランビア生ハム工房を訪問。

工房入り口

概要説明

熟成中の生ハム

自然を利用した熟成室

グランビアは飲食店事業と生ハム製造事業を行い、同社の生ハムは無添加、自然の気候だけで3年間熟成させることで優しい自然な旨味のある味が特徴。

田沢湖自然ファームは平成28年委設立。国有林の一部を借り受けた放牧養豚事業が国家戦略特区に認定され、28年20頭の試験放牧を開始し、3か月間の飼育後全頭を出荷。

29年100頭、30年500頭、31年1000頭の計画で加工品の販売だけでなく、29年5月から直営レストラン楓も開業。

続いて直営レストランに移動。説明の後生ハムの試食ととんかつの昼食を頂きましたがとても美味しくいただきました。

お昼時には行列が出来るほど人気のお店です。

レストラン楓外観

店内には生ハムが吊り下げられ

放牧の様子をビデオで

説明資料

公務をすべて終了し、田沢湖駅から秋田新幹線こまちにて大宮経由上越新幹線で帰路に。

田沢湖駅

9月19日(水) 視察2日目

2018年9月24日

晴れ

宿泊ホテルが弘前駅前で初めての地だったのと且つ晴天に誘われ、爽やかな空気の中朝食前に駅周辺を散策。

弘前駅

駅前バスターミナル

朝食後秋田県に移動。

13時JR秋田支社を訪問。大学連携による公共施設への県産材利用促進地域活性化の取り組みについて調査。

説明

資料

秋田駅外観

バスターミナルにも秋田杉を使用

駅コンコース

改札口

竿灯まつりの提灯を

ベンチにも秋田杉

壁一面の秋田杉をバックに

駅はもちろん金足農業一色

JR秋田支社は、平成27年9月にコンパクトなまちづくりに関する協定を締結し、秋田駅の観光拠点整備に着手。

合わせてデザインについて、秋田公立美術大学教授との連携協力により、駅構内を秋田杉を用いた木質化を連続したものにリニューアルを図り、平成29年にはウッドデザイン賞を受賞。

次に14時45分頃国際教養大学を訪問。

集合写真

説明

大学パンフレット

いわゆる図書館

同最上階

原書の蔵書

わかるかな~

一年生の寮生活は必須条件

部屋内

平成16年に旧ミネソタ州立大学校の旧校舎を利用して、日本で初の独立行政法人運営の公立大学法人第一号として開学。入学定員は175人、現在884人が在籍しています。

特徴は専任教員60人の内外国人が33人を占め、授業は全て英語で行われ、1クラス18名程度の小人数教育を徹底し、49か国191大学と提携した1年間の海外留学が義務となっており、留学先で所定の成績を修めることで卒業に必要な単位として認定されています。

また海外からの留学生が約200人ほど学んでおり、多文化共生空間を形成してもいます。

その他英教育誌タイムズハイヤーエデュケーション世界大学ランキング日本版では、全国トップに立っています。

 

9月18日(火) 常任委視察

2018年9月24日

曇り

【常任委視察】
10時30分大宮駅集合、10時45分出発の東北新幹線で新青森駅に向けて総務文教常任委員会行政視察に参加。

車中何年振りかの駅弁で昼食を採り、13時29分新青森駅に到着し、バスにて特別史跡三内丸山に向けて出発。

大宮発はやぶさ15号にて

大宮弁当

弁当の内容

新青森駅で出迎えの佞武多

 

14時前頃特別史跡三内丸山遺跡に到着、北海道・北東北の縄文遺跡群の世界遺産登録に向けた取り組みについて説明を受けた後施設を視察。

施設外観

概要説明

復元された遺跡群

復元された遺跡群

遠望の説明を

復元建屋内での説明

遺跡群を望み自撮りを

保存されている建物柱跡

当時の生活を再現

遠く糸魚川のヒスイも発掘される

青森県にある同遺跡は、これまでに国内最大級の規模を誇る約5,500年前から約4,000年前の大集落跡が発掘されており、多くの竪穴住居跡大型掘立柱建物跡、大量の遺物が捨てられたや大人・子供の道路跡などがあり、また膨大な量土器石器袋状編み物編布漆器などの他、本県糸魚川産ヒスイの原石や装身具が出土しており、広域交流のあったことがうかがえます。

現在世界遺産登録に向け本県の佐渡とライバル関係にありますが、縄文文化という歴史の長さや北海道から北東北に広がる17の構成資産の息吹を今に伝えていることに於いては、佐渡は遠慮せざるを得ない思いを抱かせるに十分な内容でした。

次に15時40分頃、青森県立五所川原農林高等学校を訪問しグローバルGAPの教育効果について視察。

校長先生より説明を

資料

農場にて説明を

集合写真

同校は急速に進むグローバル化に対応していくため、未来を担う高校生を国際的な次世代農業経営者として育成するため、平成27年12月に、りんごで日本の高等学校で始めてグローバルGAPを取得。

平成28年9月には「BAL.G.A.P AWARS2016」を高等学校で世界初受賞。その後、コメ・メロンで認証を取得し、今度はジャガイモで認証取得に挑戦との事。認証取得により、企業との契約が成立し、ANA国際線ファーストクラス機内食に採用、また本県岩塚製菓でもせんべいが商品化されるなどしており、今後は2020の東京オリンピック・パラリンピック選手村での食材提供を目指しています。

視察終了後弘前市内のホテルに宿泊。

9月16日(日) 武道祭、秋季例大祭

2018年9月16日

晴れ

13時、燕市民体育館で開催の第7回燕市武道祭に出席。いつも挨拶だけで失礼して恐縮するばかりでしたが、今回は幸いなこと?に他の予定が無く時間に余裕があったので最後まで各大会会場を見学出来ました。

特に弓道は武道のと言われるほど(関係者の説明で初めて知りました)一連の動作に静寂な雰囲気が漂い、奥深さの一端を垣間見たような貴重な経験をしました。

少林寺拳法

合気道

弓道

空手道

その後、昨日再建百年祭を斎行した戸隠神社秋季例大祭を訪問。幸いなことに地元木場小路萬灯組の子供萬灯のお披露目の時間に遭遇しました。

戸隠神社正面

境内のお神輿

子供萬灯

同裏から

百年祭
昨日16時30分より、戸隠神社再建百年記念大祭に参列しました。明治以前の神仏混交迄遡り拝殿に於いて仏教法要が営われ、歴史の一コマに立ち会えた貴重なひと時を過ごさせていただきました。

最新記事5件

事務所所在地

〒959-1226 新潟県燕市小牧572-1 (株)マテック内
TEL 0256-66-3300
FAX 0256-66-3301